分享按钮

フランス



以下は、ペットの入国ゲートを出てきたフランスの規定により、ペットに入ってフランスに同乗し、英国、アイルランドに比べ、えたいの手続きが、似ている次のことが:


(1)健康証書
出国前に48時間以内に証明書を発給の健康効果的だ。証明書を発給し、上に记载し、獣医は(この獣医なければならないんだ。証明書の発給を担当して出国しようと関連省庁の許す代理人)同ペットが何の伝染病やバクテリアことはなかっとなっている。


(2)狂犬病の免疫注射証だった
注意したいのは、狂犬病基本消滅の国家(例えば、英国、アイルランド、豪州など)の生活をしてきた6ヵ月後に再進入したほかの国々のペットは、こういうせずに证明书です。しかし、ペットの爱护や、目的地の中で、税関を確信していた。同ペットが合致したほうがいい検疫要求をして活动して注射狂犬病ワクチンだ。


(3)の効かない抗体を試した
韓国に属している欧州連合(eu)諸国と認定された狂牛病感染地域であるため、以上の証明がなければ、国を採取して入国欧州も必要であるペットにの血清を欧州に指定された実験室のサンプルを採取血清検査合格し3カ月后に行うことを通じて入国した。