分享按钮

マレーシア


ペットはマレーシア、入国許可証明書、クアラルンプール後に7日間、血清、血清を検査する必要はなく、以下の手続きを行う:   

           

1、狂う犬のワクチン注射やチップ、狂犬病ワクチンの要求は30-365日有効で、チップの要求はIS011785 / 11784冒頭、推薦注射が強制。     

         

2、健康診断辦理健康証明書:狂う犬のワクチン注射が21日後に行う健康診断、30日後に出荷を処理する。   

            

3、入国許可:入国の動物が必要有効の入国許可、入国許可はマレーシア獣医サービスセンターの主管したり、それぞれの州の動物入国管理部門が発行し。   

         

4、隔離:オーストラリア以外、ニュージーランド、イギリス、アイルランド、北アイルランド、シンガポール、ブルネイ、日本とスウェーデンのほか、犬や猫マレーシア隔離7-30日までなら、鳥が1030日、さん~よんしよ令吉(マレーシア幣)/日、隔離証明書:に令吉(マレーシア円)/頭、入国許可:ご令吉(マレーシア円)/頭。   

         

 マレーシアペット入国港:Sultan Abdul Aziz Shah Subang AirporKuala LumpurインターナショナルAirportSenaiインターナショナルAirportBayan LepasインターナショナルAirportPenangLabuanインターナショナルAirportLabuan FT。            


 ペットの主管部門DVS址:http // www.jpvpk.gov.my             

 マレーシア特別規定:注意したいのは、マレーシアペット猫と犬の品種には制限があり、レベルの2つのレベル制限に分け、それぞれが条件に環境や入国禁止。下をこの2つのペットの品種を列挙し、皆さん自分のペットをよくチェック(主に犬)、条件入国の品種は:闘牛獒、ブルドッグ、ドーベルマン、ドイツ牧羊犬/アルザス地域圏狼犬、(ドイツ種)罗特韦尔犬。猫の犬は3つの月に大器が許すことができて、1人は1匹のペットを連れて上陸することしかできません。


北京託送ペット、マレーシアだった