分享按钮

台灣



中国大陸から直接入国禁止ですので、中国大陸から台のペットは第三国または地域の中継を受けなければなりません。現在最も経済、ショートカット方式は香港経由から入国した後。


香港から帰国する法律について、香港から入国すると、香港からの入国する条件は次のとおりです:

(1)猫、犬は電子のチップを接種し、狂犬病ワクチン接種。狂犬ワクチン接種時間は出国前6ヶ月以上、1年以内に完成するという接種時間は、1年以内に完成するという、

(2)入国前に少なくとも180日間(血清で採集した時間を準)、狂犬病抗体の血清検査、その検査過程は、台灣政府認可の実験室で完成する必要があります、

(3)入国前に30日以上、入国許可証を申請、それに到着したペット分離と連絡分離駅、良い分離空間を予定しております。「入国許可を申請する必要な条件は:申請表、病犬接種証明書、血清検査に合格の報告、入国者の有効な証明書はコピーします、

4)出国地区では動物の健康証明を取得、試験検疫手続きを行うことができ、検査検疫手続き、

(5)猫、犬は台灣に到着し、すぐに隔離検査、入国者は上陸許可、免疫証明書の原本、通関単、支払い運賃、

6)隔離期は少なくとも21日、実際の場合によって延長することができる。入国の旅客は早めに予定しており、21日間の分離時間を確保するために必要な。分離期間、隔離機構は猫、犬の血清に対して再検査を行うことが可能で、要求のワクチンのワクチンのワクチン、

(7)あなたの猫は、犬が実際にあなたと携帯する検疫書類と証明材料がいかなるものと証明することを証明することを注意して、猫、犬はすべて送還される可能性がある、あるいは隔離されて180日間を差し押さえする可能性があります。




以下は、台湾の公式サイトでは猫や犬が入国の要約:


一般的な規定:

(一)申請者は犬猫発送予定さんじゅう日前までには、必ず港、駅の入出力動物検疫機関「進口申請同意ファイル』、『輸入同意を取得》に入力ファイル。

(二)が妊娠しているの犬猫、その発送する時の妊娠週でなければならないよんしよ週間以下、始て入力。

(三)入力の犬猫輸送途中て孟加経由または中国(香港マカオ地区を含まない)などの輸送。



出力前飼育は狂犬病感染地域国家の規定犬猫入力:

お申し込みは下記のファイルの申請「輸入賛成ファイル」を申請する:

1 .申請書(参照添付ファイルA)を申請する。

2.輸出国の獣医師に.発行の狂犬病ワクチン注射証明書のコピーを活性化しないなら、中国語で、英語や中英文併列方式犬猫明記の品種、性別、年齢やチップ番号、狂犬病予防注射日付及び使用ワクチンを明記する種類、初めて疫や補強免疫。(狂犬病予防注射にならなければならない:初めて免疫は犬猫満きゅうじゅうなければならない日齢以上実施し第いち剤狂犬病ワクチンを不活化、しかもキャストから発送する時間はいっぱい当日180日~いち年以内ならを補強免疫は発送する前にいち年内に実施する。

3..狂犬病中和抗体検査報告力価:180日~出力前に年内にとる血液を経て、世界動物衛生組織狂犬病参考実験室あるいは当局指定の実験室(参照してください添付B)の検出、しかも抗体力価必要は0 . 5 IU / ml以上。

4 .申請のパスポートまたは身分証明書をコピーして。



(二)犬猫発送する前に輸出国政府動物検疫主管機関招緻「動物検疫証明書》は、証明明書は、中国語、英語または中英文併列方式以下の事項を記載:

1。犬猫の品種は、性別、年齢やチップ番号。

2.狂犬病不活化ワクチン予防注射の日付は、并叙明初免疫や補強免疫。

3。犬猫検査無狂犬病臨床症状。

4.犬猫出力前は180日~2年以内に取られ血液を経て、世界動物衛生組織狂犬病参考実験室あるいは当局指定の実験室の検出狂犬病中和抗体力価格は0 . 5 IU / ml以上。



狂犬病は、台湾の増資危険国家と犬猫が、短期的にすなわちこの者:
(1)申請者に添付されたファイルを申請して下さい下记の「輸入同意件」:
1 .申込書(添付ファイルのa)だった。
2 .自台湾輸出高の『出力動物検疫証明書」をコピーしたものだ。
3 .狂犬病中和抗体力価格の検査报告:台湾に輸出された輸出国前、台湾が取って血を経て、世界の動物保健機関狂犬病参考の実験室や本局指定の実験室(添付ファイルのb)検査であり、抗体力の価格が0 . 5 iuしなければ/ ml以上;有効期間は採血検査报告に着弾したこの時期は、輸出国が时间が不が2年を超えた。
4 .申請人のパスポートや身分証明書をコピーしたものだ。
5 .入力子犬のペット登録証コピーしたものだ。


(2)犬猫に運行を前に、お、輸出国の政府動物検疫主管機関誘致の『動物検疫証明書」を証明書には漢字、英語や中英文形タイはつぎ事項/
1 .犬猫の品種韓国牛、性別?年齢別?チップの番号だった。
2 .狂犬病予防ワクチンを活性化させるエッセンスに注射をしない時期を叙明代回免疫や「免疫だった。
3 .犬猫検査無狂犬病临床症状だ。
4 .犬猫は台湾に輸出された輸出国前、台湾が取って血を経て、世界の動物保健機関狂犬病参考の実験室や本局指定の実験室の検出狂犬病中和抗体力の価格は0 . 5 iu / ml以上だった。


仕向港犬猫立つ時、申請者は同封する輸入合意文書、輸出国政府動物検疫機関の発行動物疫証明書の原本及び検水上運輸会社船荷証券(B / L)や税関申告書、検疫カウンターに申告検疫、未同封する動物検疫証明書正本者、同ロット犬猫を退運や扑杀廃棄する。狂犬病の感染地域から入力の犬猫を経て、検査、その動物と輸出国政府動物検疫機関の発行動物検疫証明書の内容と一緻しなければならない明後、搬送指定隔離検疫隔離検疫実施21日場所。惟必要で隔離期間延長、しかもて採血する犬猫の狂犬病抗体力価、その抗体検査値に達していないIU / 0 . 5 ml以上の者は、狂犬病ワクチン補強注射剤。動物検疫証明書の内容に該当者は、犬猫れ退運、扑杀の破壊や延長隔離検疫180日畜産主に特に注意してください。