分享按钮

ペットの帰国


ペットを持って入国した中国大陸が同日入国の主人、一匹しか持って入国し、ペット犬猫派の川PET TRAVEL手続きが急速に清関サービス、ペット帰国必要以下ファイル:动物の健康証書AnimalツァーリRabies certificateやワクチン、派川PET TRAVELペットも入国代行清関諮問及び宅配サービスの全国各地へ。






処理の構想:



早めに30日に狂犬病ワクチンを

注射する

出発地で予約する 7日間で健康証明を取り扱う


早めに二日に提供する書類

飛行機に乗る前の三時間

に荷物を託送する

飛行機が到着した後通関手続きを取り扱う



办理流程:
ワクチンを注射する 航の空箱を用意する 航空の予約 健康証明書を取り扱う 搭乗託送 通関入国


受理機構の連絡方式
1、北京の出入国検査検疫局は経首都国際空港で入国する旅客が所持や託送の伴侶に動物の入国検査検疫と監督管理の仕事を担当する。
受理機構:北京出入国検査検疫局首都空港局
場所: 首都空港二号ターミナルで荷物を入国するホールの12062室
電話:010-64596067
2. 2 .北京の出入国検査検疫局は、西駅で北京西駅の港に入国して、または託送の動物の検査検疫と監督管理仕事をする。
受理機構:北京の出入国検査検疫局西駅
場所:北京西駅出入国联检庁内
電話:010-51933239
北京の出入国検査検疫局は動物隔離場で動物検疫隔離、仕事仲間を担当する。
受理機構:北京出入国検査検疫局動物分離場
場所:北京に順義区天竺町十東路に号
電話:010-64581373


処理のプログラム:
検査要求
1)旅客の輸入は友達に動物携帯や託送で、一人で1匹に限る。
2)旅客が友達に動物を携帯する進国の際は、必ず輸出国や地域公式から発行の有効動物健康証明書と狂う犬のワクチン注射証明、本人のパスポートを提供する。
3)旅客は友達に動物を託送する入国の際に、輸出国または地域健康証明書発行の公式有効動物と狂う犬のワクチン注射証明、本人はパスポートのほか、船荷証券を提供しなければならない。
4)動物健康証明書には荷受け人、蔵出し、入国旅客所とパスポートの名前が一緻。
現場で検査検疫

1)臨床検疫

友達が動物進国の際、施設は検査部門を行うことを記入する臨床検査、

『友達動物検疫原記録』
2)個体表示
検査部門は、友人の動物について、「相関記録には動物番号

を明記しておき、首輪やデジタル写真の取り方などをプラスする。」としている、
3)検査部門は友人動物に対して、篭、そのまわりの地面の消毒を行う。
4)検査部門は「中華人民共和国の出入国検査検疫入国貨物通関手続き」を発行、

友達の動物は携帯するの方式、発行する

「中華人民共和国の出入国検査検疫出入国検査/処理証憑、

入国者又はその代理人を渡して。
隔離検疫

1)旅客は入国友達に動物を携帯や託送して経検査規定に合緻した後で『友達動物入場隔離交代単』を引き渡して、北京出入国検査検疫局で動物検疫隔離場が三十日で隔離する。
2)外交パスポート入国の旅客は伴侶に動物を携帯または託送、検査部門で居住地隔離検疫と監督を実施する。

処理の結果:

友達に動物の主人または代理人が『中華人民共和国出入国検査検疫出入国者持ち物検査を殘して/処理証憑』や『中華人民共和国出入国検査検疫入国貨物の通関単》の第二連(『中華人民共和国の出入国検査検疫入国貨物を転勤通知書」)友達の動物を受け取る。




法律法規の要求に関して、深セン検査検疫局は2014年8月1日から、深セン港入国のペット隔離検疫の作業を開始することにした。現在は次のとおりに公告し:


入国の申告
旅行者はペットの入国の際、法によって自発的に入国港に検査検疫機関に申告して、検疫を受ける。

提供する資料
入国時、旅客は輸出国あるいは地区の公式機関が発行する有効検疫証明書、ワクチン接種証明書を提出し、その他の身分証明書及び旅客有効通行証明書等の関連材料証明書も提出する。

隔離検疫の心得

1、ペットは深セン出入国検査検疫局が指定された動物分離場で(以下「隔離場」と略称)隔離検疫を受ける。

1、狂犬病の発生国または地域からペットは隔離場で三十日に隔離検疫して、非狂犬病の感染地域からペットは、隔離場で7日に隔離する。
本公告内容由深圳出入境检验检疫局负责解释。
隔离场咨询电话: 0755-33094906,26011442



ペットが入国する隔離検疫の心得 「中華人民共和国の出入国動植物検疫法」及びその実施条例によって、入国するペットは検査検疫の機関に指定された場所に隔離検疫する。持ち主がペットを入国した後、必ず検査検疫の機関に申告して、申告時には下記事項に確認する:


一人当たり入国する度に一匹で犬や猫を連れる。

申告する時、物主は輸出国あるいは地区の公式機関が発行する動物の健康な証明書を提出して、ワクチン接種証明書及び個人の上陸証明書などの関連書類も提出する。


入国するペットは上海の出入国検査検疫局の動物隔で離場に隔離検疫を受け入れ、統一飼料

を提供して使用する。

隔離期間に物主が隔離場に入り、ペットを見舞うことが禁止する。


上海出入国検査検疫局が認証認可した動物病院はペットと隔離期間の検疫、飼育、

看護、疫病診断を委託していたという、

7日間のすべての費用を納め、合計は人民元3500元で、隔離され7日間を超える飼育、

介護と発生の他の費用別も計算する。


ペットは隔離場で7日に隔離した後、疫病などの関連検査項目の結果をすべて陰性であり、

検査検疫の機関のことで物主家にペット続けて三十日まで隔離する。

隔离场圃名称:上海出入境检验检疫局动植物隔离场圃
隔离场圃地址:上海市青浦区沪青平公路20号桥
隔离场圃联系电话:021-59886712

ペットの隔離検疫は7日に満たしまで、物主家で続く隔離し、持ち主がペットを隔離場で受給し、

検査検疫機関は、その主正本パスポートと「出入国人員の所持検査/処理証憑」として許可、

許可の条件またはその他の原因で隔離場を隔離する、ペットは隔離場で隔離検疫まで最多30日間、

30日後、検疫に合格したペット、物主は隔離場に隔離されてペットを受給しなければなりません、

持ち主が7日以上の連絡方法を殘してもらわないまたは7日間の持ち主と連絡が取れないと、ペットと無主物になる。


隔離期間、ペットと環境の変化、ストレス反応、疾病などの非人道的な要因

とその他の抗要因としても、死亡、検疫機関は責任を負わない。


ペットは隔離期間が検出された狂犬病の、一律に扑杀処理し、他の疫病が検出され、持ち主を治療と治療をあきらめたい、治療の持ち主は動物病院と協議を締結し、治療費の支払い。治療や治療を放棄し、検査検疫の機関は関連規定によるペットを処理する。
您还在为要带着心爱的宠物猫狗入境而烦恼吗? 我们专业的宠物入境服务可让您轻松无忧地把它带回家。

私たちのサービスも含めて:



あなたのペットは入国許可証を申請するために




協力填妥と準備関連文書やコンサルティングサービスを提供する




通関及び空港や港接运提供サービス




ペットから目的地まで、隔離検疫所やペット寮などのサービスを提供する。出発地点から目的地までの点吸い上げサービス(オファーを要求)



ペットは香港に入国するプロセスと必要な証明書:

早めに注文する十五日ぐらい、前払費用する証、香港での入国許可証import permit


香港入国要求狂犬病ワクチン記録Rabies vaccine、30-365日以内有効


香港香港版健康証明書が入国要件動物AnimalできCertificate


注射Microchip電子チップ、アドバイスでAVID型番チップ、ISO型番も適用する。


他の伝染病の予防注射:犬(犬瘟热canine distemper、犬、犬infectious canineウイルス性肝炎ウイルス性出血性腸炎hepatitis and canine parvovirus)、猫(猫瘟feline panleucopaenia、猫複合性呼吸係の病気feline respiratory diseaseコン)14-365日間で有効する。


妊娠中には入国することはできない、5ヶ月のペットは、入国することもない。